中年女性

アミノ酸配合のサプリメントはランキングサイトで探せ!

必ず訪れる症状

漢方

更年期に近くなると卵巣の機能が衰えてきます。その為、そこから分泌される女性ホルモンが減少します。女性ホルモンはエストロゲンと言います。この物質の分泌量が減る事で脳が卵巣からのエストロゲンの分泌を促します。しかし、更年期の卵巣では必要な量のエストロゲンを分泌できない為にホルモンバランスが崩れます。これにより、体のほてり、倦怠感、大量の汗、頭痛などの更年期障害の症状があらわれてきます。しかし、この症状はホルモンバランスの乱れだけが原因ではなく、その頃が生活のリズムや生活環境などの変化で精神的にも崩しやすい時期でもあります。最近では若い人でも無理なダイエットやストレスが原因で更年期障害と同じ症状の若年性更年期障害も増えてきています。また、男性でもこの症状になってしまう事があり注意が必要です。

更年期障害での治療ではホルモン補充療法が主流になっていますが、漢方薬での治療を行うこともあります。漢方ではその人の体形や症状、体質などを考え、その人に合った薬を処方します。この為、体に合った漢方薬であれば効果がでますが、合わなければ全く改善がないので、他の漢方薬に変える必要が出てきます。更年期では重い症状の人もいれば、軽い症状の人もいます。この時期を過ごすには、生活のリズムを整え、ストレスを溜めないようにする事や更年期の事を理解して悩まない事、趣味や運動などをしてストレスの発散をするなどが効果があります。また、辛くなったらすぐに、受診することが大事です。更年期は必ず訪れるので理解しておくことが良いでしょう。